【日本人スタッフブログ】NESTA Hotel の紹介 - Part 2

2018年10月10日

皆さんこんにちは!

また僕です!(笑)

今回は前回の続きを書いていきます。

 

前回見逃した方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[リンク]

 

では、早速本題に移りまーす!

実は僕、このホテルのマッサージ3,4年前はものすごく利用してたのですw

マッサージの技術はもちろん上手かったのですが、何が良いって言えば店が空いてるときは出来る限り一人部屋にしてくれたんですよ。

一般的なマッサージ屋は日本人のお客さんと相部屋なら静かなので特に問題は無いのですが、ベトナム人のお客さんだとせっかくゆっくりしたいのに大声で電話したり、好き勝手に音出して携帯で遊びだしちゃうので、寝たいのに寝れなかったりでリラックス出来ないんですよね。

で、ホテルの地下2階がマッサージになってます。

 

 

店の内装はその時のままですね。

今回、受けたのは一番上のFoot Massage 60min。

以前とは少し内容は異なりますがこれはこれでいい感じです。

僕は足裏が痛いくらい押されるのが好きなので丁度良かったですが、苦手な人は「痛い!」って言えば弱めてくれます。

 

このときは、お客さんが僕しか居なかったので相部屋検証はできませんでしたが、これは結構大事なのでGMに伝えてありますので多分問題ないでしょうwww

因みに、営業時間は10:00~22:00までです。

 

このマッサージの他に、多目的スペース(会議室や宴会所に利用できる)やジムも付いてます。

 

マッサージまで無料で受けさせてもらってなんか至れりつくせりですね(笑)

 

そして、この後、僕は24:00過ぎまで飲みに行ってましたwww

 

しかし!敢えて24:00過ぎまで飲みに行ってたんですよ!

その理由は、高いホテルは問題ないのですが安宿だと入り口のシャッターが閉まってたりして従業員を叩き起こさないと入れない場合が結構ありましてその辺を確認したかったのです!

(この内容は本当ですが、思った以上にダラダラ飲んでただけなんですけどね….)

 

いざ、帰ってみると全く問題なくロビーは明るいしすんなり入れました。これだけで僕からしてみれば高いホテル泊まったなぁとなりますね。

 

 

ま~、この時にすっかり忘れてたのが「朝食」です。。。

元々、朝食を食べないし好きな時間に起きてるので何時も通り飲んだくれてホテルに戻ったは良いのですが目覚ましで起こされ、その事に気が付きまして。。。。

 

慌てて朝食会場へ向かいました。

ま~、ビックリするくらい二日酔いというかそもそも酒抜けてませんけどね。。。

 

肝心の朝食は

お!しっかりしてる!

パンが豊富!パン党の僕には嬉しいっす!(2日酔で口パサパサで食べれなかったですけど….)

二日酔いにはやっぱりフォーですね!

これとオレンジジュースしか僕の体が受け付けませんでした。。。

 

GMごめんなさい。。。。

 

と、こんな感じで一泊を終え無事?チェックアウト。

ロビーにはニコニコして迎えてくれたGMの小此木さん。

こちらの小此木GM、うちの会社以外に僕とは公私仲良くしていただいていつもお世話になってる方なんです。

 

こちらが、小此木GM

いつも笑顔が素敵で、ビシッとされてます。

 

まだ、オフィシャルでは無いのですがビジネスの長期滞在等のディスカウントなど今後やっていくそうなので、是非気になった方はGMまでご相談ください!

 

いや~、誰かに頼まれてレビューなんて書くことがないし、ご飯とかと違ってホテルになると目線が変わるので難しいですね。。。

また、会社から司令(押し付け)が出たら僕が書くことがありますのでまたその時まで!最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

ベトナムハウジング ホームページ

http://vietnamhousing.vn/

【日本人スタッフブログ】Nesta Hotel の紹介 - Part 1

2018年10月04日

皆さんこんにちは!

今回のブログはいつもの畑野に代わり僕が担当します!

その前に、いつも当ブログを読んで頂いてる方からしたら、元気良く出てきたけどそもそもお前誰なんだ!?ってなりますよね(笑)

その話は後々、畑野がネタが無くなった頃に書いてくれると思うので今は触れずに今回の記事に入ります!(笑)

 

今回、当社Vietnamhousingと懇意にして頂いてる会社様から現在マネージメントしているホテルに一泊してレビューを書いてほしいとお願いされまして社内で一番暇そうにしている僕が抜擢?押し付け?(笑)されまして、一泊してきました!

 

今回依頼されたホテルと言うのがこちら!

NESTA HOTELさんです!!

ハノイに住んでるとそもそもホテル泊まること無いし、国内旅行しても寝るだけの安宿しか泊まらない僕にとってこんな立派なホテル泊まらせてもらっていいのだろうか……

 

こちらのホテル、ハノイの中では限りく中心部に近いところに位置します。

住所:30 Nguyen Thuong Hien Str., Hai Ba Trung Dist., Hanoi.

電話番号:024-3941-8888

E-mail:reservationhn@nestahotel.com.vn

 

観光場所のホアンキエム湖まではタクシーならだいたい5分、散歩がてらの歩きならだいたい25分くらいでしょうか。

ビジネス使いでも良いし、観光の際に利用も十分ありな場所ですね!

 

では、早速今回のお部屋見ていきましょう!

今回僕が泊めていただくのは8階のお部屋。

部屋が広い!!!

これ、普通なんですかね?安宿しか泊まらない僕にとっては逆に落ち着かないくらいのゆとりありですわ(笑)

そもそも、オットマン付きだし、もうここで一人寝れちゃうじゃん!!ここだけでうちのソファよりデカイwww

そして、高い建物が眼の前NIKKO Hotelくらいしか無いので日当たり良好!

 

で、バスルームはどうなのかと言えば。。。。

バスタブもしっかりあるし、お湯も溜められると…

そして!!??

上の三枚の写真の違和感気が付きました??

 

ウォシュレット付いてるじゃ~ん!!!!!!!!

 

このホテルつい最近までベトナム人100%の運営だったのにこんな文明兵器が付いてるなんて!ま~、日本じゃ当たり前のことなんですけど、これがベトナムでは無いのが普通なんですよね。

 

そして、バスまわりのアイテムももちろんしっかりしてると…

 

これタダで泊まっていいんすかね?(汗)

 

あれ?

ちょっと部屋戻ってもう一度観察してたら…

ルームサービスでこんなに種類の酒あるの!?

これ、普通じゃないですよね?普通なの??

しかも、ボトルでもグラスでも頼めるじゃん!!!

そして、ホテルなのに安い!!!!

 

これは、良いですね。

最後ホテルに帰ってから寝酒頼めるなんて、僕のような酒飲みにはもってこいです!

 

で、そもそもここ幾らなんだよ!って話になりますよね?

そりゃ、それなりの値段出せばこれくらいやって当たり前だって話ですもんねw

てな訳でこの日の値段、Booking.comさんで調べてみましたww

 

え?

 

え??

 

マジ???

1,024,000vnd=約5,000円

 

安くね??

僕、安宿って散々言ってましたけど3,500円くらいの所ですよ?

1,500円足すとここ泊まれるの??ハノイで??

因みに、この日のヒルトンガーデンイン(ビジネス向けのヒルトンホテル)が121$=約13,700円

 

倍以上違うし!!

二泊できちゃう!!

 

びっくりですわ!

 

書くことに熱くなりすぎてでちょっと文章が長くなったので続きはまた明日にしましょう。

明日は、マッサージと朝食、あとはGMを紹介ついでにお得な情報出します!!

 

ベトナムハウジング ホームページ

http://vietnamhousing.vn/

【日本人スタッフブログ】サービスアパートと個人オーナー所有のアパートの違いとは⁉(2)

2018年09月27日

ベトナムハウジングの畑野です。

 

さて、ベトナムでのアパートは大きく分けて2つのタイプ

1、サービスアパート

2、個人オーナー所有のアパート

 

があるということで、前回(こちら)は豪華なサービスアパートについて解説しました、今週は個人オーナー所有のアパートについて解説いたします。

 

2、個人オーナー所有のアパート  

ベトナムの分譲マンションを、サービスアパート経営会社などではない、一般の個人オーナーが購入して、ベトナム人、または外国人に”又貸し”しているタイプです。

 

【サービス内容】

・家賃のみ(原則)

※弊社から仲介させていただく場合、外国人のお客様での支払いが難しい、管理費、インターネット(Wifi)などは、ご予算の範囲で可能であれば、賃料に含むような見積もりをさせていただいておりますが、原則としては、本当に一般人の方が所有物件を「又貸し」している状態なので、掃除、洗濯などのサービスは提供していない場合が多いですが、ご希望に応じて掃除、洗濯をサービスでつけることも可能です。

 

【設備】

・古いアパートの場合は設備はあまり整っていないことが多い。

・新しいアパートだと、プールやお子様用のプレイルームがある場合もあります。

・大型マンションでは、レストラン、ショップ、ショッピングモールも併設されているところもあります。

※マンションごとで設備は異なりますので、詳しくは弊社スタッフにお聞きください。

 

↑ ↑  ↑  

サービスアパートに比べれば、やはりランクは落ちますが、

同じ予算で、広い部屋がご希望であれば、豪華なサービスアパート物件より、こういった一般の方が貸し出している個人オーナー物件の方が良いです‼

【メリット】

・比較的、部屋が広い。

・個人オーナー物件なので、家具、家電の種類、タイプも様々で、見回ると楽しい。←自分お好みの物件に出会えるかもしれません。

・ベトナム人の一般家庭とも同じフロアーになり、騒音問題もありますが、お子様がいらっしゃるご家庭では、逆に、文句を言われることも少なくなる、、というメリットも(笑)

 

・ショッピングモールなどがあれば、お買い物も楽ちんで、お子様が小さいご家庭には大変便利です。勿論、単身の方にも面倒な買い物が、近くでできます。

・「掃除、洗濯くらい自分でやるから、賃料が安い方が良い」という方には、こちらの方がリーズナブルだと思います。

 

【デメリット】

・メリットにも書き込みました、ベトナム人家庭との問題(騒音など)もある場合も。

・掃除、洗濯をするメイドは、個人業でやっているメイドが多いため、サービス基準が無い。その為、掃除、洗濯はベトナム式の場合があり、お客様の求める質に及ばないこともあり、トラブルになることも。

・故障、トラブルには、個人オーナーにより意見の違い、修理費負担が生じてしまう。

※個人オーナー物件は、オーナーとの意思疎通、トラブルなどの問題もございますが、弊社のカスタマサポートセンターの専門のスタッフが、お客様をサポートさせていただきますので、ご安心を‼

 

ベトナムも秋らしくなり、過ごしやすい季節となっております。

お部屋探し日和でございます。

 

是非、弊社までお問い合わせ下さいませ。

 

何かあれば、弊社にご相談ください‼

 

ベトナムハウジング ホームページ

http://vietnamhousing.vn/

【日本人スタッフブログ】サービスアパートと個人オーナー所有のアパートの違いとは⁉(1)

2018年09月20日

ベトナムハウジングの畑野です。

さて、9月も終盤となり、日系企業様に置かれましてはご異動の時期の企業様も多いかと思います。

そのため、当時期はお部屋探しをされる方、また、アパートの更新を迎えるにあたって、お引越しをご検討される方が増える時期でございます。

そこで、ベトナムでのアパートとはどんなものかをご説明させて頂きたいと思います。

ベトナムでのアパートは大きく分けて2つのタイプがございます。

1、サービスアパート

2、個人オーナー所有のアパート

上記2タイプはどのような違いがあるのでしょうか?

今週、来週と2回に分けて、お伝えいたします。

今週はまず、サービスアパートについて解説します。

1、サービスアパート

オーナーは個人や企業と様々ですが、建物全体をサービスアパートとしている事が多く、ほとんどが外国人が賃貸しています。

【サービス内容】

・管理費、インターネット(Wifi)、掃除、洗濯、水道代込みの場合が多い。

・朝食サービスを付けられたりするところも有。  

※意外かもしれないですが、高級サービスアパートでは、洗濯をしてくれない、というのが一般的です。

これは、なぜかというと、お客様の衣類が高価なため、傷めた場合のリスクを回避するためだと考えられます。

※サービスアパートのシャトルバスがあれば非常に便利です。

これは市内の主要な場所を定期的に運行しているので、うまくスケジュールを組めば、日中はタクシーを使わずに、シャトルバスで外出も可能ですので奥様がいらっしゃる方にはオススメです

※ホテルも兼ねたサービスアパートでは、電気代込みのところも有ります!

【設備】

ジム、プール、サウナ、ジャグジー、お子様用のプレイルーム、レストランなど。

※ミニショップ、美容室、スパなどもあるところも‼

↑ ↑  ↑  

なんとも至れり尽くせり!なわけです。

 

【メリット】

・外国人ありきのサービスですので、掃除をするメイドさんの教育はきちんとされ、掃除の質も良し。

・室内の設備不良時も、お抱えエンジニアが即対応、修理代負担なども、お客様過失出ない限り、オーナー負担であり、トラブルも少ない。

【デメリット】

・サービスがきちんとしている分、賃料も高めの設定。

・賃料の割りにお部屋が狭いこともあります。←高級感の証な気もしますが。ホテルに毎日住む感じです。

・掃除や洗濯が不要なお客様には、サービスを外しても賃料を引く事が出来ないことがある。

次回は、個人オーナー所有のアパートについて解説いたします。

【日本人スタッフブログ】家電が故障した時の修理代の負担について

2018年09月05日

ベトナムハウジングの畑野です。

 

さて、皆様もご関心がある方が多いかと思います。

 

お住いのサービスアパートのオーナーが、きちんとした企業である場合は比較的わかりやすく、

 

「意図的な破損は、お客様負担。それ以外はオーナーの負担。」

 

という区分けの場合がほとんどです。

 

しかし、個人オーナーの場合は、非常に曖昧になることが多いですね。。

そもそも、賃貸契約書で修理費用に関しては明確にされていないものが多く、特に個人オーナーの場合、契約書作成の段階で修理代を明確にしたくないと言うのもあるようで、修理代を契約書に入れるのは交渉が中々難しいです。

 

そして、実際に個人オーナーが貸与した物件、家具、家電に不具合が発生した場合。

 

オーナー、もしくは弊社カスタマサポートセンターにご連絡頂き、不具合を直す様に手配を進めますが、ここで、問題が、、、、。

 

修理費用の負担をどちらがするか、です!

 

契約書に修理費用について明確にされていない場合、

まずは我々が「オーナー負担」前提で話をします。

 

しかし、オーナーにもよりますが、

かちんこちんに固いオーナーは、費用を負担したくありません。

その場合は、「お客様負担」でも良いかを、入居者の皆様に確認させていただき、ご承諾をいただけましたら修理へ進む、ということになるのが一般的です。

 

しかし、結局。「オーナーも負担しない、お客様も負担したくない」となって宙に浮いてしまう場合も多々ございます。

 

例えば、「たまたま、色々な家電の不具合が続いた場合には、

 

オーナー:「立て続けに、不具合が起きるのは、お客さんの使い方が悪い‼」

お客様:「もともと家電は新品ではなく、不具合が生じる場合はオーナー負担でしょ?」

 

と平行線となるわけです。。

 

家電事自体の老朽化であれば、貸与したオーナーが負担するのが当然ですが、オーナーは、「前のお客様の時は、何も不具合が無かったのに、今回は度々不具合が発生する‼=使い方が悪い」となり、オーナーの心理的なものが状況を悪化させることもあります。

 

新品の家電でも不具合がある場合もありますし、、、。

 

こういった場合は、オーナーが承諾するか、お客様が承諾するか、はたまた折半か?

修理費用は、両者の譲り合いによりけりとなるわけです。

 

やはり、ベトナム賃貸の複雑さは、

 

・家具、家電付の物件を賃貸 

・ベトナム人、日本人の両国の認識の違い

・言葉の通じないという異国での賃貸

 

こういった事情が「 修理代の支払いってどうなの? 」に至る、背景なのです。

 

何かあれば、弊社にご相談ください‼

 

ベトナムハウジング ホームページ

http://vietnamhousing.vn/

【日本人スタッフブログ】これからCiputra(シプチャー)物件が熱い‼

2018年08月22日

 

(右から順にL3、L4、L5棟)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Ciputra(これで”シプチャー”とベトナムでは発音しています)と言いますと、タンロン1工業団地やハノイ・ノイバイ空港に近く、10年ほど前には人気物件でしたが近年は、少々、落ち着いたような気がします。

 

Ciputraの敷地内にショッピングモールが出来る!などの話もありましたが、建設が止まってしまって、開発のスピードがゆっくりに感じられていました。

 

しかし、最近、 Ciputra の建設スピードが凄いんです‼

 

築浅物件としてL1、L2棟がありましたが、新築のL3棟の物件も出始めており、これから物件情報も増える傾向にあります。

L3棟に引き続き、周辺のL4、L5棟がこれから続々と出始める予定です。

またその周辺にも建設中のマンションがあり、Ciputra が熱くなりそうな予感です。

 

弊社では、家族帯同のお客様より、よく

「子供たちが遊べる庭がある建物はないですか?」

というご要望を頂きます。

 

しかし、ハノイでは土地代が高く、ベトナム人の家庭でもハノイ市内に庭付きの家を持っている人はほとんどいません。

その為、マンションも同様、敷地があればギリギリまでマンションを建てる傾向にあります。

 

以上の理由より、屋外で遊べるスペースがあるマンション、サービスアパートは限られています。

 

その中で、敷地がきちんと塀で囲まれ、敷地内に住宅、学校があり、広い 敷地を持つCiputra はご家族向け物件としてまだまだ人気です。

 

しかし、その一方で、建物によっては、年々老朽化しており、ご入居後にお困りのお客様もいらっしゃったかと思います。

 

これから新築物件も出て来て、 Ciputra 再沸騰しそうですね!

 

現在、建設中の正門横には、ショッピングモールも出来るようですので、お買い物にも便利になりそうですね‼

 

乞うご期待です‼

【日本人スタッフブログ】高い電気代と目安の金額

2018年08月07日

ここヵ月ほどでしょうか

弊社のカスタマサポートセンターにも電気代の問い合わせが多く寄せられております。

 

「ベトナムってこんなに電気代が高いんですか」 

「例年の夏に比べて、今年の夏の電気代は高い 」

等々、ご連絡があります。

 

で、日本人の方が次に考えることは

「電気メータが壊れているのではないか」

「共有部分ロビーや駐車場などの電気が、自分の電気メーターに繋がっているのではないか」

 

弊社でも、数々の調査をお手伝いさせていただいておりますが、

当問題は、解決が非常に難しいです。

 

現に、ベトナム人が住むマンションでも、外国人のお客様だけでなく、ベトナム人の住人からも苦情が殺到し、

 

電気代の単価に問題があるのではないか

ぼったくりメーターではないか

 

と言った論争になることが多々あります。

 

しかし、ベトナムの電力会社は、社しかなく、独占販売です。

その為、上記のように、ベトナム人の住人が抗議しても、電力会社を動かすのは中々難しいようです。

 

弊社でも、お客様よりお問い合わせさせていただくと、まずオーナーへ問い合わせします。

 

そして、他のお部屋の電気使用量や電気料金の変化と比較して、

我々のお客様が異常に電気代が多い、などの場合には、オーナーに協力いただき、メーターが壊れていないかなどの調査をします。

 

しかし、今年の月、月は異常な暑さで外気温40℃超え、路上での体感温度は50℃とも言われました。

結果、外気温との差を埋めるべく、エアコンがフル稼働し、その結果、電気代に影響しているのも事実です。

 

今年の、電気代の高さは、異常気象の影響が大きいようです。

 

弊社のご案内時には、お客様に事前に

 

・電気代は日本とあまり変わらないこと

・夏場の電気代にはご注意を

 

とお伝えさせえていただいております。

 

ベトナムと言えども、電気代はあなどれません。

 

ご参考までに、一般的な電気代の単価、目安ですが

 

【 電気代の単価】

サービスアパートの場合おおよそ3,0004,500VND / kW

マンションの場合おおよそ 2,000VND  / kW 

 

※ マンションの場合、単価は安いように思いますが、50kW100kWごとに単価が変わりますので、電気を使えば使うほど、単価が上がります。

その為、あまり気にしないで使用してしまうと、かなりの電気代になってしまい、請求書を見てびっくり

大変なことになりますので、十分ご注意を。

 

 

【電気代の目安】

一般的には、

単身の方50-100

ご家族80150

といったところでしょうか

 

夏場は、上記金額を上回るお客様も多々いらっしゃいます。

 

どうぞ、夏場の電気代には、ベトナムと容赦せず、是非、節電を心掛けていただきたいですね

 

追伸

 

上記の情報を書いたところ、弊社副社長から、より詳しい情報をました。

 

要は「電気使用料と電気料金は比例関係で増えるのではなく、ある一定量の使用料を越えると料金がグイ〜ンと上がる」ということだそうです。

 

下記は使用量と電気料金の関係です。

多くなればなるほど、料金がハンパなく上がっております

 

使用量

単価

増加率

0 - 50 kWh

1,549 VND

 

51 – 100 kWh

1,600 VND

3%

101 – 200 kWh

1,858 VND

16%

201 – 300 kWh

2,340 VND

26%

301 – 400 kWh

2,615 VND

12%

> 401 kWh

2,701 VND

3%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例として、

 

A号室が200 kWhを使用した

→ 電気代: 1,549 x 50 + 1,600 x 50 + 1,858 x 100 = 343,250 VND

 

B号室が300 kWh を使用した

→ 電気代1,549 x 50 + 1,600 x 50 + 1,858 x 100 + 2,340 x 100 = 577,250 VND

 

C号室が700 kWhを使用した

→電気代1,549 x 50 + 1,600 x 50 + 1,858 x 100 + 2,340 x 100 + 2,615 x 100 + 2,701 x 300 = 

1,649,050VND  

 

つまり、A号室とB号室の使用量は1.5ですが、電気代は1.7上がっている。

 

A 号室とC号室の使用量は3.5ですが、電気代は4.も上がっている。

 

つまり、使用量に比べて使用料金の上がり方が高いので、夏の電気料金は「」と驚くほど高くなる、という仕組みのようです。

 

Hóa ÄÆ¡n tiá»n Äiá»n dÆ°á»i 1 triá»u có thá» vay tín chấp ngân hàng Äược bao nhiêu

【日本人スタッフブログ】ベトナムの給湯システム

2018年07月31日

ベトナムの給湯システムですが、日本とは異なりお風呂のお湯には中々苦戦されているお客様が多いかと思います。

 

ベトナムの給湯システムには大まかに下記2タイプになります。

 

①ボイラータイプ

お部屋にボイラーがついており、ボイラーの容量によってお湯の量が限定されております。

ボイラータイプは20L, 30L, 50L, 80L, 120L, 200Lなどがあります。

 

②セントラルシステム

マンションの棟、もしくはアパートごとにお湯を沸かしているシステムですので、お湯が無限に出ます。

 

現在、ベトナムでは①のボイラータイプが一般的です。

また、アパートのお値段、物件により容量が異なります。

弊社の物件資料には容量まで明記しておりますので、ご参考ください。

 

日本人としての理想は②のセントラルシステムになります。

こちらは、ベトナム財閥のビングループの物件はセントラルシステムになっておりますが、他のマンションはまだまだボイラーが多いです。

また小さなサービスアパートでも、投資家のオーナーさんは、セントラルシステムを導入している物件も少しずつ増えています。

 

 

では、もしボイラータイプの場合は、皆さんどのようにお風呂にお湯をためるのでしょうか?

 

バスタブの大きさにもよりますが、お湯をためるには大体80Lの容量が必要です。

その為、50Lのボイラーの場合は、

一回目のお湯、熱湯でお湯を落とす。

二回目のお湯、お湯と水を調整しながら温度を調整する。

そして、二回目の余ったお湯で体を流す。

というようなテクニックでしょうか?

※お子さんがいるご家庭では、熱湯は使えないと思いますので、ご注意ください。

 

異国の地で、お風呂に入るのもなかなか至難の業ですね。

それだけ、日本人ではお風呂は重要で、給湯システムが発達している国でもあるということですね。

 

一方、ベトナムではシャワー文化ですので、お湯の温度、またバスタブも重要視されていないのが現実です。

その為、私もオーナーにボイラーの容量を増やす、もしくはボイラーを増設の交渉をする場合、

オーナーにこの日本人の感覚が伝わらず、力説させていただいております。

 

また、余談となりますが、

ベトナム人には、お湯の温度設定が高い必要が無く、ボイラーの温度設定を低くしていることもあります。

もし冬になり、熱いお湯がなかなかでない場合は、ボイラーの温度調整レバーが低くなっていることがあります。

可能であれば、レバーをご確認下さい。

ハノイ

091 898 4649
ハイフォン

091 685 9809
ホーチミン

094 547 4649