新築のVinhomes Green Bay物件が出始めました‼

2019年06月06日

ISNベトナムハウジング畑野です。   

 

今回は、これから旬になるだろう、Vinグループの最新物件

「Vinhomes Green Bay」 のご紹介です。

 

ベトナムでは新築の不具合が度々発生するリスクがあるのですが、

数々の物件を手がけている、Vinグループ物件は圧倒的な質感で、安心です。

 

また、 Vinグループ物件は、建物の質もさることながら、

同時に都市開発面も考えられており、住民の住み心地を考慮し、

広大な敷地、緑化、買い物できる空間もあり生活が大変便利になります。

 

さて、今回の「Vinhomes Green Bay」ですが、

位置は下記地図をご覧下さい。

ハノイ西部に位置し、ハノイ市内の環状線とThang Long通りの丁度交わるところに位置しています。

 

その為、ハノイ市内は勿論のこと、

 

ハノイ北部(Thang Long 1工業団地、Noi Bay工業団地など)、

南部(Dong Van工業団地)

東部(Hoa Lac工業団地)

 

にアクセスが良い立地です。

 

また日本人学校まで3km程とほど近いし。

 

その為、単身でもご家族でも良さそうです。

 

Vinhomes Green Bay周辺には、

 

・ハノイの元祖大型ショッピングモール「Big C」

・最近オープンしたばかりのショッピングモール「Vincon Center Tran Duy Hung」

・ダイワハウス社のサービスアパート「Roygent Parks」 

・日本人のご家族向けマンション「Thang Long No.1」

 

と、日本人にも馴染みがあり、現在急激に開発が進んでいるエリアです。

 

 

Vinhomes Green Bayの全体イメージ 

 

敷地を図面で確認すると、こんな感じです。

総敷地面積:32.5ha

左側の白い3棟がマンション、

大半の色が付いている部分が、ビラ、ショップハウスが立ち並ぶエリアです。

 

 

マンション棟です。

 

マンションの入口。

なんとなく、Vinhomes Parkhill風ですね。

 

1階はテナントで、これから飲食店、ミニマートが入ります。

 

敷地内の雰囲気ですが、

屋外プールとその奥に、ビラ街が立ち並びます。

 

広大な敷地内には、

歩道が整備され、

 

お子様が遊ぶスペースが幾つかありまして、、、

 

遊具奥に広がる、湖、、、

 

運動遊具、、、

 

テニスコート、、、

 

バスケットコートまであり、

 

緑も多い、敷地です。

 

その上、北側はThang Long大通りに面しており、国際会議センターがあり、

周辺は高い建物が無いため、景色も抜群です。

 

これからどんどん賃貸物件が出ます。

 

ご興味のある方は是非、ISN ベトナムハウジングにご連絡下さい。

【内装工事】ベトナムのオフィス内装工事費用を安くする秘訣

2019年05月30日

ISNベトナムハウジング 内装事業部の町田です。

 

先ほど、弊社の賃貸・不動産事業部の畑野も書いていましたが(記事は=>こちら

我々、内装工事の事業部も従来は「ベトナムハウジング」ということで広告なども

お伝えしていましたが、実は正式な社名は「ISNベトナムハウジング 」と言います。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20190530/20/vnhousing/a4/94/j/o0633047514419106617.jpg?caw=800

 

 

さて、先週、内装工事の見積目安金額について書きましたが、

(先週の記事は=>こちら)、今回は内装工事費について

もう少し掘り下げてみます。

 

通常オフィスには借りる前から照明、エアコン、防火などの基本設備が付いてます。

 

そして、内装工事ではミーティングルームやダイレクタールーム等を

作るため壁を立てる事が多いですよね。

 

そのため、居抜き物件でない限りほとんどの場合、

そういった基本設備の移設・増設が必要になります。

 

私は出来るだけ既設設備を変更しないようなレイアウトを心がけてますが、

移設・増設しなかった事は、実際には、ほとんどありません。

 

この既存の設備を変更するのがちょっと厄介なんです。

 

先ず、ビルによって既設設備の変更はビル側の指定業者でないと施工できない事があります。

そして指定業者の工事金額は高いことが多いです。

 

また最近、防火設備を変更することにより消防検査を受けなければならないビルが増えてます。

 

これもまた厄介なのです(涙)

 

管轄する消防署により検査費用が違います。

私の経験では検査費は20,000,000ドン(約94,000円)~50,000,000ドン(約234,000円)

までぐらいの金額で、結構幅があります。

 

つまり、選ぶ物件により内装工事費は大きく変動するので、オフィス選びが

内装工事の費用を安くするのにとても重要になってくるのです。

 

弊社はオフィス仲介と内装工事をワンストップで行なっているので、

そういった点にも配慮してお客様へ最適な物件をオススメするように心がけています。

 

オフィス物件をお探しの方が我々、「ISNベトナムハウジング」にぜひご相談ください。

 

ベトナム国内での引っ越しのポイント

2019年05月23日

https://stat.ameba.jp/user_images/20190522/20/vnhousing/aa/d2/p/o0634042314414547190.png?caw=800

ベトナムハウジング畑野です。

 

先週は、引っ越しについて書かせて頂きましたが、

今回は、弊社でも良くお客様にお問い合わせがある、

ベトナム国内のお引越しについてです。

 

ご参考までに前回の記事はこちらです。

 

実は先日、ベトナム国内の引越しでは非常に有名な

【CROWNLINE社】様よりお話をお聞きする機会がありました。

 

ハノイ市内での引越しされる際に「どこの引越し業者さんがいいですか?」

「ベトナムの引越しって、どんな感じなんですか?」というご質問をいただく

ことが多いので参考にしていただければと思います。

 

(荷物の量)

50㎝角の段ボールを基準として

単身者:おおよそ10箱

ご夫婦:おおよそ35箱

が平均だそうです。

 

※弊社のお子様2名様がいらっしゃるご家族の方にお聞きすると、

60箱くらい、それ以上ともお聞きしました。

 

(引越し料金)

CROWNLINE社のお引越しのお値段ですが、

「引っ越しプラン」としては、梱包作業も含んだサービスとなりますが、

「基本プラン」がありミニマムの金額がは決まっているそうなのですが、荷物の

多さなどを詳細にお聞きした上で見積もりを出されるということですので、

詳しい金額につきましてはCROWNLINE社ご担当者様までお問い合わせ下さい。

 

基本プラン価格では、50㎝角の段ボールを基準として35箱となりますので、

プラン的には、荷物が多めの単身の方、ご夫婦の方

にはお得感が出るプランになっているそうです。

 

(依頼連絡)

また、お引越しのお問い合わせについてですが、

引っ越しシーズンを除いては、

翌日お引越しの場合も対応いただけることもあるという、

かなりスピーディーなご対応です。

 

※これは、極端に急にお引越しが必要な方の場合の緊急措置ですので、

基本的には、引っ越しシーズンを除く期間でも、1カ月前にアパートにご退去連絡をされてから、

引っ越し業者さんにご連絡されたほうが余裕があります。ご注意を!

 

念の為、【CROWNLINE社】様の担当者様の連絡先です。

****************************************  

CROWN LINE JOINT STOCK COMPANY

鍵本(KAGIMOTO、Mr.)様

メール : kagimoto@crownline.jp

電話 : 098 693 6314

HP : http://crownline.jp

****************************************  

 

 

最後に、他社さんも含め、一般的な引っ越しについてのポイントになりますが、

・3月、4月のお引越しシーズンには、注意が必要です。

業者によっては、2月から、3月4月のお引越しを受け付けていない場合もあるようです。

・土日、シーズン期間(業者によりシーズン期間の設定が異なる)は

料金割増しになることもあるようです。

 

大まかなお引越しの流れですが、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

引越し業者様に問い合わせ→

見積もりのために自宅に訪問→

お見積り→

ご契約→

お引越し作業

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というような流れになります。

 

以上、お引越しのご参考にしていただければと思います。

ベトナムへのの引っ越しについて

2019年05月16日

こんにちは。

ベトナムハウジングの野江です。

 

 

今週は、ベトナムにご赴任される際に直面する、引っ越しについて、書きます。

 

引っ越しと一口に言っても、移動する荷物は3つに分類出来ます。

1) 自分で持ち運ぶ荷物
2) 航空便で送る荷物

3) 船便で送る荷物

 

1)自分で持ち運ぶ荷物

この場合、パスポート、精密機器、使用頻度の高い衣類、日用品、常備薬等の、貴重品や渡航直前まで使う・渡航後すぐに使うものがあげられます。

 

 

2) 航空便で送る荷物

この場合、渡航後比較的早く必要になる荷物があげられます。

航空便での荷物輸送の所要日数は、約14日です。

航空便は荷扱いが慎重では無いので、壊れやすいものは出来るだけ避けたほうが良いです。

 

 

3) 船便で送る荷物

この場合、到着が遅くてもベトナムでの生活に必要なものです。

また、大きめの荷物や重い荷物は、料金的にも、航空便より船便に向いています。

船便で送る荷物の例としては、書籍や家具です。

輸送の所要日数は約40日です。

 

割られたくない高級な茶碗等は、航空便より船便で送る方がおすすめです。

また、保険をかけておくと安心です。

 

 

 

-電化製品・家具は、必要か-
 

 

ベトナムのアパートには通常、家具・家電が備え付けられているので、特別にこだわりが無い場合は、日本から持ち出す必要はありません。

しかし、炊飯器など、日本ならではの機能があるものは、日本から持って来られる方もいらっしゃいます。

また、ベトナムの空気汚染を気にされる方も多くいらっしゃるかと思いますが、ベトナムでも日系メーカーの空気清浄機を購入できるので、ベトナム国内で購入されることをおすすめします。

※日本で電化製品を購入してベトナムに持ってくる際は、日本の電圧は100V、ベトナムの電圧は200Vの違いもありますので、ベトナムで変圧器を購入される必要があります。

 

 

 

-注意すべきこと-

 

 

- 日系企業は春に異動が多いので、赴任のスケジュールが決まったら、早めに引越し業者に相談・希望日を伝える。

 

- 引越し当日の作業を効率的・楽にするため、あらかじめ荷物を” 自分で持ち運ぶ荷物”、” 航空便で送る荷物”、” 船便で送る荷物”等、仕分けしておく。

また、日本に置いていく荷物については、家族に預けるか、トランクルームを利用するか、早めに検討する。

 

- 荷物事故が起きた場合、求償手続きが長期化し、1-2ヶ月かかる事がある。

 

 

 

-引越し業者選び-

 

 

- 税関での手続き等、諸手続きの代行サービスがあるか。

 

- 現地サポートがあるか。また、サポートの内容は何か。

 

- オプションサービスの内容は何か。業者によっては、要望に応じて、

質の高いオプションサービスを付帯可能な場合もあります。

 

 

 

ベトナムに赴任される際に、荷物の輸送について、悩まれる方が多いと思いますが、

一番のポイントとしては、早めの準備・情報収集になるかと思います。

皆様がスムーズにベトナム生活を始めらる事、祈っております。

ハノイのインターナショナルスクール特集

2019年05月08日

こんにちは。

ベトナムハウジングの野江です。

 

今週は、ハノイのインターナショナルスクール特集です。

 

ベトナムのインターナショナルスクールでは、幼稚園から高校まで、

一貫して通うことが出来ます。学校の多くは、市内から離れた郊外に位置しておりますが、サービス・設備は充実しています。

学費は、学年が上がるにつれて高くなり、一般的に、年15,000USD以上と高額です。

 

教育方針は、各学校で異なりますが、教育の質は基本的に高く、勿論英語力も向上します。学校によりカリキュラムが異なるので、事前にインターナショナルスクールに問い合わせることが必要です。

問い合わせは、基本的に英語となります。

 

学期の始まりは、日本の4月とは違い、9月です。

ハノイには、日系幼稚園・小中学校があるため、インターナショナルスクールに通う日本人は、少ないのが現状です。

 

しかし、日本人でインタナショナルスクールを検討しているお客様も多くいらっしゃるので、そんな方には、今回のブログで、インタナショナルスクールについて知っていただければと思います。

 

以下、主要なインターナショナルスクールの概要になります。

 

 

【Hanoi International School

 

Lieu Giaiの日本大使館のすぐ近くの好立地です。

生徒は約290名で、日本人、ベトナム人、韓国人が大半を占めます。

年間授業料は、約16,500USD~26,500USD。

1クラスの平均人数は、20人程度。

Website : https://www.hisvietnam.com/
 


【United nations international school

 

国連のインターナショナルスクールで、一般的にはUNISと呼ばれています。

世界に2校のみのため、かなりの人気校となります。

タイ湖の北側のCiptraに立地しています。

生徒数は約1,100人。

一つの国籍の生徒の割合が全体の20%以下という制限があるため、国際色が豊かです。

年間授業料は24,500USD~30,000USD程度。


Website : https://www.unishanoi.org/

 

 

【British Vietnamese international school Hanoi

 

Thanh XuanのVincom Royal City内に立地。

生徒数は約1,300人で、90%はベトナム人。

幼稚園から高校まであり、授業等は英語とベトナム語のバイリンガル。

生徒と教師の割合は、12対1程度。

年間授業料は、15,000USD~20,000USD程度。


Website : https://www.nordangliaeducation.com/en/our-schools/vietnam/hanoi/bvis


【British International School Hanoi

 

Long Bien地区のVinhomes Riverside内に立地。

ハノイ市内と比べ、自然が豊かで静か。

生徒数は約1,000人。

27の国籍の生徒がいるが、50%はベトナム人。

1クラス当たりの平均人数は、18人程度。

制服あり。

授業は8:30~15:00まで。

大きな図書館や講堂等、施設は充実している。

年間授業料は、幼稚園が約11,000USD~15,500USDで、

中学、高校が約20,000USD~30,000USD。

 

Website : https://www.nordangliaeducation.com/en/our-schools/vietnam/hanoi/bis

 

 

【Concordia International School Hanoi

 

ハノイ郊外のDong Anh地区に立地しています。

2011年に設立され、上海・香港に姉妹校があります。

生徒数は約400人で、主にアメリカ人、韓国人、ベトナム人。

一つの国籍の生徒の割合が全体の1/3以下という制限があり、20を超える国籍の生徒が在籍しています。

入学するには、面接、数学と英語の試験があり、試験費用は300USDです。

また、ほとんどの学年で、入学待ちの生徒がいる状況です。

カリキュラムはアメリカ式です。

年間授業料は、公開されていません。

 

学校に関する質問、キャンパスツアーの予約等を日本語でも受け付けています。


Website : http://www.concordiahanoi.org/

 

 

【St.Paul American School Hanoi

 

ハノイ郊外のHoai Ducに立地しています。

生徒数は約500人で、韓国人の割合が一番高いです。

ベトナム人と外国人の生徒の比率は、3対10程度。

学校の敷地は広大で、約60,000平米です。
(サッカーコート約8つ分)

カリキュラムはアメリカ式です。

年間授業料は7th grade  (中学1年に相当)で、約23,000USDです。

 

Website : https://stpaulhanoi.com/

 

 

お子様をインターナショナルスクールへ通わせるのは、経済的にも容易な決断では無いと思いますが、海外に滞在しているからこその機会なので、ご検討されてはいかがでしょうか。

高級サービスアパート、Roygent Parks Hanoiに試泊体験

2019年05月01日

こんにちは。

ベトナムハウジングの野江です。

 

日本人に話題の高級サービスアパート、Roygent Parks Hanoiでの試泊体験について、書きます。

Roygent Parks Hanoiは、ダイワハウス・大成建設の共同プロジェクトで建設され、コウザイ地区に立地しています。
立地は、ハノイ環状線沿いのKhuat Duy Tien通りに面し、現在、マンション開発が進み、活気のあるエリアとなります。

 

 

 

部屋のタイプは、スタジオタイプ、1ベッド、2ベッドルームがあり、単身・ご夫婦での滞在に適してます。

 

私が試泊させて頂いた部屋はスタジオタイプで、55,6平米です。