【日本人スタッフブログ】オーナーさんとの友好な関係について

2018年07月19日

ベトナムでのアパート賃貸は日本とは少々違い、何とも複雑な関係が存在します。

 

日本での賃貸は、ほとんどが、家具・家電なしで、お客様が賃貸すれば、自分で家具・家電を揃え、そして、その後の賃貸したアパートのことも自分で処理することが多いかと思います。

 

しかし、ベトナムでアパート賃貸する場合、家具・家電が備え付けの場合がほとんですので、その不備、修理についてもオーナーと交渉したりするのですが、ベトナムの高年齢のオーナーの場合は、「家を貸してやっている!!」と言うような気質が強い場合もあり、弊社が仲介に入るケースも多々ございます。

 

最近のオーナーはサービス心がだいぶ出て来てましたが。

まぁ、日本人の考える「サービス心」とは、まだ、多少温度差はありますが、、、笑。

 

サービスアパートのオーナーはともかく、個人オーナーともなると、お客様とオーナーとの関係性も左右されるように思います。

アパートの賃貸も、人間の関係。

なるべく良好な関係で、住みたいものです。

 

私も賃貸で住んでいますが、やはりこれまで数々のトラブルに巻き込まれました。泣

 

今回は、最近出会った素敵なオーナーとの件をご紹介します。

 

先日、あるお客様が内見時はまだ家具・家電のない状態で見学され、入居までにはオーナーが家具・家電を購入するということでアパート賃貸の契約を進めることにしました。

 

(弊社は、こういった物件はお客様の家具・家電のイメージと、実際のオーナーの設置したものが違うなど、リスクが高いため、あまりお勧めしていません。

しかし、今回は、お客様にも理解があり、また時間の制限などのご理由で進めさせて頂きした。)

 

さて、やきもきする案件ですが、、、。

 

先日、オーナーが家具・家電の設置がほぼ終わったということで確認に行きました。

 

案内時、実はオーナーは当物件を売りたいと言っていて、賃貸に出すことをあまり快く思っていなかったんです。

その為、表情も硬く、私は「どうしたものかなー??」と、大変心配していたんです。

 

しかし、私が確認した際のオーナーはご夫婦ともに、大変やる気があり、表情も朗らか。

足りない物の交渉にも快く引き受けてくれ、また「これもいるかな?」など、かなり柔軟なオーナーへの変貌していたのです。

 

ということで、私はその辺の心境の変化をお伺いしてみました。

 

オーナー曰く、

 

・お客様案内時は、本当に賃貸は嫌だ‼と思っていたこと。

・弊社より、家具はどのメーカーでと指定したこと、またその家具のメーカーがオーナーの愛用しているメーカーだったこと。

・ご案内時のお客様、また弊社とのやり取りが思いのほかスムーズに進み❝縁❞であると感じたこと‼

 

最後の一言は、何とも私には嬉しい一言。

 

表題にも示しました通り、私自身も賃貸し、オーナーとの友好関係を心掛けています。

その為、私にとっては、当オーナーとのこの会話は何とも嬉しい一言でした。

話をし易いオーナーで、心配事が一気に吹っ飛びました。

 

まだお客様はご入居されていませんが、是非、お客様もお部屋を気に入って頂き、オーナーとも仲良く関係を築いて頂ければなーと思います。

 

ベトナムでは、人と人との繋がりがとても強く、つまりは、お客様とオーナーとの良好な関係も賃貸にはとても大事な要綱であると感じています。

是非、皆様をどうぞ、頭の片隅に留めていただきたいと思います。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20180719/21/vnhousing/19/0a/p/o0698080014232066042.png?caw=800

 

その他

ハノイ

091 898 4649
ハイフォン

091 685 9809
ホーチミン

094 547 4649