電気料金2年ぶり値上げ

2019年03月21日

はじまして。
ベトナムハウジングの野江と申します。

今後機会があれば、畑野と共に更新していきますので、宜しくお願い致します。
 

今日は、先日ベトナム政府が発表した2年ぶりの電気料金値上げについて、お知らせしたいと思います。

既にニュース等で知られた方も多いと思いますが、平均8.36%の電気料金値上げが発表されました。

電気料金の値上げは、2017年以来の2年ぶりとなります。

国営のベトナム電力総公社(EVN)によると、2018年と比較して5兆4800億ドン(2億3546万ドル)の生産コストの上昇が、主な値上げの理由だそうです。

 

使用量

2019年3月19日までの単価

2019年3月20日からの単価

0 - 50 kWh

1,549

1,678

51 – 100 kWh

1,600

1,734

101 – 200 kWh

1,858

2,014

201 – 300 kWh

2,340

2,536

301 – 400 kWh

2,615

2,834

> 401 kWh

2,701

2,927

上の表をご覧頂くと分かる通り、ベトナムの電力料金は累進制となっており、使用量が上がれば上がるほど適用単価が上がります。

(夏場のエアコンを使う時期に、多くのお客様から弊社のカスタマーサポート部署に、電気料金が急に上がったとの相談があるのは、この制度のためです。)

 

皆さんの中で一番気になるのが、この新しい電気料金の単価がいつから適用になるかだと思いますが、個人オーナーとサービスアパートによって、料金値上げのタイミング等が違うことがある可能性があります。

個人オーナーの物件の場合、今月から新しい単価が適用されることが多いと思います。

ただ、サービスアパートの場合は、いつから単価が上がるか確認する必要があります。

 

2010年以降、8度目の電気料金値上げという事と、今後もベトナム経済の発展に伴い、電気の需要増加のスピードが供給を上回ることが予想されるのを考えると、今後も電気料金の値上げはベトナムで生活する以上は避けられないようです。

その他

ハノイ

091 898 4649
ハイフォン

091 685 9809
ホーチミン

094 547 4649